シャツなどの定番となる柄|ストライプの生地に着目|【着やせ効果や脚長効果がある】

シャツなどの定番となる柄

トルソー

幅の細いものが選びやすい

ストライプ柄の生地は、年齢性別関係なく誰でも着こなしを楽しむことができる重要なアイテムです。一言でストライプ柄といっても多くの種類があり、ストライプの太さや色によって印象を左右しますが、自分で洋服を仕立てる際にも注意すべき点があります。ストライプ柄の生地を扱う際に、最も難しいのは柄合わせです。ストライプの幅が広ければ柄合わせが難しくなり、細ければ細いほど柄合わせの手間がなくなります。幅の広い柄を使う時には柄合わせのずれがわかりやすくなるので、細心の注意が求められます。そのため、幅の広いストライプ生地でシャツやジャケットを縫製するには、ある程度の技術と経験が必要であるといえます。洋裁初心者がストライプ柄の生地を使う時には、細めの柄を選ぶのがおすすめです。細ければ柄合わせが多少ずれても見た目にはわからないので、縫い直す時間を省略することができます。また、シャツやジャケットよりも、スカートの方がパターンの特性上柄合わせが簡単にできます。はじめて柄合わせに挑戦する人なら、まずはスカートから縫い始めてみると良いでしょう。シャツやジャケットを作る際には、襟、袖、ポケットなど柄合わせが必要な箇所が増え、その分難易度が上がります。ストライプ柄は昔からの定番といえますが、向きを変えるだけでもイメージががらりと変わり、初心者から上級者まで楽しませてくれます。デザインの可能性が無限にあるので、自分だけのオリジナル作品を作るのに最適な生地です。

Copyright© 2018 ストライプの生地に着目|【着やせ効果や脚長効果がある】 All Rights Reserved.