さりげなくおしゃれをする

手芸用品

ストライプの生地は、幅広い使い方ができます。ストライプの太さや色の濃淡を工夫すると、全く違った印象を与えることができます。また配色に変化をつければ、どんな季節にも年齢にも合います。さらにワイシャツに使うと高級感を演出できます。

詳しく見る

シャツなどの定番となる柄

トルソー

ストライプ柄は年齢性別関係なくシャツやジャケットなどによく利用されますが、生地を扱う時に最も難しいのは柄合わせです。幅の細いストライプを選ぶことで、洋裁初心者でも簡単にオリジナル作品を作ることができます。

詳しく見る

柄によって異なる印象

裁縫道具

ストライプ柄は、使いやすく人気があり、ありとあらゆる生地に使われています。お洒落でシャープな印象があり、老若男女問わず使われています。そのものをストライプにすることで、見た目の雰囲気が変わるように思います。

詳しく見る

汎用性の高い定番の柄

布

雑貨や洋服などの手作りに欠かせないアイテムとして親しまれているのが、シンプルなストライプ柄の生地です。線の太さや、線と線との間隔、色などの違いによって多種多様なイメージを楽しめることに加えて、カットした生地をはぎ合わせて別の柄を楽しめることも人気の理由です。

詳しく見る

鮮やかなカラーがあります

ファッション

お子様の雑貨を作りたい人には、ストライプの生地を購入したい人が多いです。インターネット通販のお店では、赤や紺、ブルー、グリーンなどのきれいな色が揃っています。人気の北欧テイストの生地も取り扱っています。

詳しく見る

色々な場で使える柄

裁縫

生地の種類も豊富

夏になると見る機会の多くなる「ストライプ」柄。大人用の洋服でも、子供用の洋服でも性別問わずストライプは使われています。ストライプのメリットとしては、タテ縞なので着やせ効果や脚長効果があるということです。タテのラインは長く見せる視覚効果があるので、ふくよかな方は着やせ効果が、小柄な方には脚長効果が期待できます。ストライプの色としては、ベージュなどの膨張色よりも、黒やブルー系などの濃い色を選ぶと、より、細く見えるので、痩せ見せにはおすすめです。ストライプの生地の種類も様々あり、大人用の紳士の洋服ではスーツやシャツによく用いられる場合が多いです。スーツの生地としては、ストライプの種類も更に細かくあり、ピンストライプやペンシルストライプなど様々です。ウールの生地だと温かみのある印象になり、ポリエステルなどの化繊生地だとスッキリとした印象になります。大人の女性の洋服では、ワンピースやブラウス、パンツなど多岐にわたり、色柄も紳士用に比べてバリエーションが多いのが特徴です。定番なのは細い間隔のストライプで、こちらは年齢問わず着られています。また、一年を通しても春夏は爽やかな印象の細めのブルー系で、秋冬は太めのダーク系のストライプを着ると違った印象になるのでおすすめです。子供用の洋服では、シャツなどに使われることが多く、特に男の子のシャツなどは無地に比べて、汚れも目立ちにくいので、お手入れもしやすくおすすめです。

Copyright© 2018 ストライプの生地に着目|【着やせ効果や脚長効果がある】 All Rights Reserved.